2012年08月24日

「ひまわりの郷」づくり 満開の先に丘陵地活性化

坂井市とあわら市にまたがる本県有数の畑作地、坂井北部丘陵地。この一角、坂井市三国町の加戸地区に広大なヒマワリ畑が出現している。地元住民の「『ひまわりの郷』づくりプロジェクト」によるもので、ヒマワリの数はおよそ73万本。活動は地域を元気にする狙いだが、もうひとつ、農業面での活性化の狙いも込められている。満開のヒマワリの先にある思いに注目する。

 数年前に一部の区で始まったヒマワリ畑が今年、加戸・公園台まちづくり協議会が中心となる大規模な取り組みに発展。休耕地を活用した畑は総面積約5ヘクタールに上る。夏の景観スポットとして連日見物客が訪れており、そこここに車を止め家族連れらが花を楽しむ光景は、地区の知名度向上とにぎわいにつなげる狙いの順調さを感じさせる。

 一方で、ヒマワリの栽培・管理に当たる現場には別の狙いを持つ農家がいる。ヒマワリ油の産地に育てようというものだ。確かに観光からの波及効果に直接的な生産性が加われば、まちづくりにも一石二鳥になる。

 狙いの背景には、坂井北部丘陵地への地区の危機感がある。丘陵地は1987年までに国営事業で整備され、900ヘクタールを超える畑作地ができた。当初はスイカをメーン、裏作に大根を栽培し一大産地を築いた。しかし農業者の高齢化が進むとこれらの重量野菜は敬遠されるようになった。産地作物が減り、地区の農家は「スイカの産地として『加戸』の名前は出てこなくなった」と嘆く。名前だけでなく、後継者不足による耕作放棄地を含む休耕畑の行く末、農道の路肩やのり面の維持管理にも影響を及ぼしているという。

 丘陵地はどうなるのか―。昨年4月に高齢農家支援や担い手育成などへ「丘陵地農業支援センター」があわら、坂井市によって設立。農地の利用集積や企業参入、新規就農支援などに取り組んでいる。一方で現場の農家にも営農集落の将来展望、次世代にバトンタッチできる農地と農業環境を守る行動が求められるのも確かだ。

 2ヘクタールのヒマワリ畑がある池上区のある農業者は、10ヘクタール以上あれば油のブランド化が可能、さらに生産量を増やし市場が生まれ収入ある産品になるとみる。裏作も念頭に置き、栽培技術向上に取り組む意欲に満ちている。産地化に込めた思いを「外からの求めが入ることで、若者ら中の人間が刺激を受け、農業を含めた地区の活動に参加するようになる。内なる起爆剤にしたい」と語る。

 まちづくりに端を発した活動が農業の活性化を生み、さらなるまちづくりへとつなげる構想。実現には初期投資や技術の確立など多くのハードルを越えなければならない。生活と農業を取り巻く環境が厳しいからこそ、一つのアイデアに別のアイデアや付加価値が必要だ。何よりも住民の本気度が試されることになる。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/36481.html
************************************************************
もっともっと耕作地を増やして日本一のひまわりの名所を目指すと良いかもしれませんね。同時にひまわり油の日本一の生産地というのが実現すると活性化につながるでしょう。ぜひ頑張ってほしいものです。


福井県ひまわり名所
ひまわり畑 ひまわり名所
福井県祭り一覧
全国祭り情報
posted by orute at 20:57| 福井県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

ヒマワリ:夏の日差し受け咲き誇る−−大野の農場 /福井

大野市蓑道の農業体験施設「スターランドさかだに」で、ヒマワリが満開を迎えている。黄色の花が夏の日差しを受けて輝き、訪れる人を出迎えている。

 約30アールの農場で約1万本のヒマワリを栽培。最大で高さ約2メートル、直径約30センチに育った大輪が一面に咲き誇り、炎天下に映えている。来週半ばごろまでが見ごろという。

 花は切り取って持ち帰ることも可能(有料・カンパ制)。施設玄関ホールでは、ヒマワリを題材にした「越前大野感性はがき展」の入選作品48点を展示した特別企画展を開催している。問い合わせは同施設(0779・67・7250)。【橘建吾】
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20120720ddlk18040406000c.html
************************************************************
ヒマワリの種は食べることができるようですが、どんな種類でも食べられるのでしょうか?


広島県ひまわり名所
ひまわり畑 ひまわり名所
posted by orute at 10:27| 福井県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

ユリ:多彩な色の競演 坂井で花見ごろ /福井

坂井市春江町石塚の「ゆりの里公園」でユリの花が見ごろを迎え、赤、黄、オレンジ、ピンクなど、多彩な色の競演が訪れる人を楽しませている。

 約2700平方メートルのほ場で、約20種15万輪を栽培。現在は6割以上が咲き、早ければ今週末にピークを迎える。7月初旬まで楽しめるという。晴天が広がった18日は、家族連れやカップルらが訪れ、花を眺めたり、写真に収めていた。

 同園は今月30日まで「ゆりフェスタ」を開催中。23、24両日はフラワーアレンジ体験や着物ショー、最終日には大道芸や花火が楽しめる。

 問い合わせは同園(0776・58・0100)へ。【橘建吾】
http://blog.seesaa.jp/cms/article/regist/input
************************************************************


posted by orute at 09:34| 福井県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

初夏彩るユリの花 福井・坂井のゆりの里公園

福井県坂井市春江町石塚のゆりの里公園で、赤、黄、ピンクなど色とりどりのユリの花が一面に咲き誇っている。15種類のユリ計約3万株が植えられており、赤色のブラックアウトやオレンジ色のベンフィカなどはすでに開花し、初夏の日差しを浴びている。7月上旬までが見頃だという。
http://www.asahi.com/news/intro/OSK201206150166.html
************************************************************
赤色やオレンジ色のユリはまだ見たことがありません。市原市にユリ園が誕生したようなので近日中に見に行く予定です。


福井県ユリの名所
yユリの名所・ユリまつり
posted by orute at 10:11| 福井県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。