2012年07月07日

ラベンダー:3000株見ごろ−−上田 /長野

上田市生田の信州国際音楽村で、約3000株のラベンダーの花が満開になり、見ごろを迎えている。南西斜面に広がる紫のカーペットは爽やかな香りに包まれ、訪れた人は目と鼻で楽しんでいる。見ごろは7月下旬ごろまで。

 音楽村の周囲約5000平方メートルに数種類のラベンダーが植えられ、6月中旬ごろから咲き始めた。7月22日まで「ラベンダー祭り」を開催中。ラベンダーの摘み取り(300円)やラベンダースティック講習(無料)などが体験できる。

 問い合わせは、信州国際音楽村(0268・42・3436)。【仲村隆】
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20120707ddlk20040167000c.html
************************************************************
信州国際音楽村って?ですが、ラベンダーが見られるとは良いですね。


長野県ラベンダーの名所
ラベンダーの名所
posted by orute at 15:01| 長野県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

大町・野平で30日からラベンダー祭り 住民らで商品開発も

大町市八坂野平(のだいら)の住民らが30日と7月1日、ラベンダー祭りを開く。住民の高齢化に伴って荒廃した農地を開墾し、栽培を始めて5年目。今回はラベンダーエキスを抽出した芳香蒸留水を初めて販売し、昨年移り住んだ音楽家のミニ演奏会も計画している。

 会場は野平中(なか)集落の高台にあり、犀川対岸の長野市大岡の山並みが美しい場所。約20アールには濃淡2種類、約600株のラベンダーが色づき、ミツバチが飛び交っている。

 一帯はかつて畑で、その後はカヤの原になっていた。住民有志は病害虫防除の狙いもあってラベンダーの栽培に着手。09年には野平自治振興会の事業となり、休憩所建設などの作業には住民の多くが参加し、花を束にしたスティックや匂い袋などの商品開発も進めてきた。

 祭りではラベンダーの摘み取りのほか、住民によるスティック作り講習や地元産おやきなどの模擬店も。1日午前11時からは、近くの池の平に移住したアフリカ楽器「カリンバ」奏者の真鍋充喜(みつよし)さん(35)が演奏する。振興会長の坂井一久さん(63)は「一生懸命育てた花々と香りを一緒に楽しんで」とPRしている。入園無料
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_220572
************************************************************
荒廃した農地は、日本中にあるのでしょうから、ここのようにラベンダーなどを植えて復活させてほしいですね。


長野県ラベンダーの名所
ラベンダーの名所
posted by orute at 17:12| 長野県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

喬木でラベンダーが見頃 24日まで「祭り」、摘み取りも

下伊那郡喬木村伊久間原でラベンダーの花が見頃を迎えている。飯田市街地を一望できる約20アールのラベンダー園には紫色の花が広がり、爽やかな香りが漂う。訪れた人たちは摘み取りも楽しんでいる。

 地元の有志7人でつくる「ラベンダー愛好会」が栽培。昨年は生育状況が悪く、花の季節に合わせて開いてきた「ラベンダー祭り」を中止したが、ことしは24日までの日程で開催している。

 同会によると、ことしは例年に比べて草丈は短いが、花の色が濃い。代表の吉川国策さん(71)は「紫色が鮮やかなラベンダーを多くの人に見に来てほしい」と話している。

 祭りは午前9時〜午後4時。入園料100円(小学生以下無料)。摘み取りは100グラム200円。問い合わせは、たかぎ農村交流研修センター(電話0265・33・3999)へ。(提供:信濃毎日新聞)
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_219776
************************************************************
20アールのラベンダーは、何本くらいなのでしょうね。


長野県ラベンダーの名所
ラベンダーの名所
posted by orute at 21:53| 長野県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

スズラン:雨にしっとり、君影草−−入笠湿原 /長野

2012年06月16日
入笠山(1955メートル)北側にある富士見町の入笠湿原で、スズランの白い花が見ごろになった。町などによると、開花は平年より少し遅く「今月いっぱい楽しめる」という。

 標高1730メートルの湿原に隣接する西向き斜面約2000平方メートルに、約100万株が群生し、甘い香りが漂う。花が大きな栽培種のドイツスズランとは異なり、日本の在来種は約1センチと小さい。ユリ科の多年草。葉の下に隠れるように、ひっそりと咲くことから「君影草」の別名がある。

 湿原前にある山荘「山彦荘」の伊藤高明さん(68)は「梅雨の時期だが、雨のしずくを付け、しっとりと咲く姿も楽しんでほしい」と話している。

 黄色いウマノアシガタや赤いクリンソウなども見ごろ。湿原はスキー場「富士見パノラマリゾート」のゴンドラで山頂駅から徒歩10分。【武田博仁】
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20120616ddlk20040136000c.html
************************************************************
100万株の群生とは、見ごたえがありそうです。でも派手なユリの花と違って、スズランは地味な花のようですね。


長野県ユリの名所
yユリの名所・ユリまつり
posted by orute at 09:51| 長野県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。