2012年08月20日

25、26日 豊後高田でひまわりフェスタ

豊後高田市の長崎鼻リゾートキャンプ場で25、26の両日、「ひまわりフェスタ2012」が開かれる。会場周辺では、既に100万本のヒマワリが見頃を迎えており、多くの来場を呼び掛けている。
 25日午後6時からは「前夜祭コンサート」を開く。地元音楽グループ「むすんでひらいて」が出演し、国内外で活躍しているアコースティックデュオ「HARU」が南米調の音楽を披露する。
 26日はゆでガニやかき氷などの出店が並び、特設ステージ上でフラダンスの公演がある。馬車に乗ってヒマワリ畑を眺めるコースも(有料)。
 同キャンプ場を管理している「長崎鼻BKネット」の近藤哲憲代表は「花畑の規模とロケーションは九州最大級。遠方からでも来る価値がありますよ」と話している。
http://www.oita-press.co.jp/print.php?print_type=localNews&print_first_genre=&print_second_genre=&print_news_id=2012_13454256726
************************************************************
様々なイベントも用意されているようなので、長崎鼻リゾートキャンプ場はひまわりを見に行く価値がありそうですね。


大分県ひまわり名所
ひまわり畑 ひまわり名所
大分県祭り一覧
全国祭り情報
posted by orute at 21:15| 大分県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

九重で7、8日「ラベンダーフェスタ」

九重町飯田高原にある「九重ラベンダー園」で7、8の両日、恒例のイベント「ラベンダーフェスタ」が開催される。ことしは日照不足で、生育は例年に比べて遅れ気味。開花はこれからで、フェスタのころには七分咲き程度、見頃を迎えるのは今月中旬の見込み。
 同園(約160アール)にはラベンダー約3万5千株が植わっている。例年、花が咲くと一面が紫色に染まり、多くの観光客が訪れる。
 フェスタでは午前と午後に各1回、景品付きの餅まきがある。ラベンダー畑の中での宝探しもあり、地元産の米や花が当たる。
 今シーズンから園内のブルーベリーを使った団子(3個・300円)とジュース(200円)の販売を開始。昨年からの人気商品ソフトクリーム(300円)もよく売れているという。
 開花シーズンを前に6月28日、安全祈願祭があり、関係者ら約10人が出席。甲斐良一社長が「天候が良くなれば花の色づきが濃くなる。多くの人に見てもらいたい」とあいさつ。坂本和昭町長が「高原の涼しさとラベンダーの香りを楽しめる場所。観光客でにぎわうことを願います」と祝辞を述べた。問い合わせは同園(TEL0973−79−3320)へ。
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_134127920489.html
************************************************************
全国各地でラベンダー祭りが行われていますが、ラベンダーだけで集客できるのでしょうか。ちょっと気になります。ラベンダーが紫だけでなく七色であればもっと良いのでしょうけど、それは無理な話なのでしょうね。


大分県ラベンダーの名所
ラベンダーの名所
posted by orute at 10:16| 大分県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

ラベンダーが見ごろ

大分市荷尾杵の県民の森のラベンダー園で、約1万株のラベンダーの紫色の花が見ごろを迎えている。

 ラベンダー祭りがあった6月30日、7月1日には約1200人が来場。人気のラベンダーの刈り取り体験やウオーキング、ガーデニング教室などを楽しんでいた。

 管理事務所によると、見ごろは今月上旬まで。8日まで自由に観賞することができる。
http://mytown.asahi.com/oita/news.php?k_id=45000001207020003
************************************************************
2日間で1200人、まずまずの人気ですね。


大分県ラベンダーの名所
ラベンダーの名所
posted by orute at 06:12| 大分県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

30日と1日、大分市で「ラベンダー祭り」

大分市荷尾杵の「県民の森」平成森林公園ラベンダー園で30、7月1の両日、ラベンダー祭りがある。無料。
 同園はラベンダー約1万株の他、アジサイなどの季節の花や多種のハーブを植栽。付近にはつり橋などもあり、園内の散策を楽しめる。
 両日はラベンダー刈り取り体験(1人100本まで)や緑化・園芸に関する相談所の開設、お楽しみ抽選会などがある。1日は刈り取ったラベンダーを使った香りのスティックなどのクラフト作り(材料費は一部負担)、野の花めぐりウオーキング(要受け付け)、ハーブや季節の草花の寄せ鉢を作るガーデニング教室(要受け付け・500円)もある。
 県民の森管理事務所は「ラベンダーはまだつぼみのものが多いが、刈り取ってポプリなどにするには最適。多くの人に楽しんでほしい」と話している。問い合わせは同事務所(TEL097−588−0656)へ。
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_134093346427.html
************************************************************
1人100本を無料で刈り取りできるのなら家族で行くと楽しい1日になりそうですね、。


大分県ラベンダーの名所
ラベンダーの名所
posted by orute at 17:36| 大分県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

「箱根八里」滝廉太郎ゆかり 岡城址の箱根ユリもうすぐ見頃に

「箱根八里」で知られる明治の作曲家・滝廉太郎が少年時代を過ごした大分県竹田市の岡城址で、箱根ユリが開花を迎えようとしている。球根は箱根町議会と、NPO法人ときめき箱根が寄贈し、現地の子供たちによって植えられたもの。

 滝廉太郎は少年時代に竹田市で暮らし、岡城跡は遊び場だった。その影響もあってか、明治34年(1901年)に名曲「荒城の月」も作曲している。箱根ユリは岡藩四代目当主・中川久恒が参勤交代の際に藩の飢餓時の非常食用として持ち帰ったとされ、八代目当主久貞は、墳墓にユリを植えるよう遺言を残したという。岡城には昭和に入った後もユリが植えられていたが、獣が食べてしまい激減していた。

箱根町議員、NPOが寄贈

 2年ほど前、箱根町議会の会派・至誠会のメンバーが竹田市を視察することになり、江戸時代からの「縁」で意気投合。訪問と同時に球根50個を寄贈したほか、昨年も球根100個が贈られた。球根は今年1月、同市のしらゆり幼稚園児と竹田市女性連絡協議会の手によって岡城の籾倉跡に植えられ、すくすくと育っている。見頃は7月上旬の予定。
http://www.townnews.co.jp/0609/2012/06/22/149076.html
************************************************************
何年か後には、岡城址がユリの名所といわれるようになるかもしれませんね。


大分県ユリの名所
yユリの名所・ユリまつり
posted by orute at 12:37| 大分県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。