2012年10月18日

棚田で揺れるコスモス 八幡浜・釜倉21日に祭り

八幡浜市釜倉の棚田に植えられたコスモスが、見頃を迎えた。11月上旬まで楽しめそう。

 棚田の保全に努めている農家でつくる釜倉中山間組合が、2007年から育てている。今年は8月中旬から、稲刈りの終わった田んぼ計4ヘクタールに、約150万本分のコスモスの種40キロをまいた。半分の田んぼで7分咲きになり、組合の浅野浩二代表(52)は「秋の晴天に恵まれ、いつもよりきれい」と話す。赤やピンク、白の花が秋風に揺れ、あぜ道では子どもたちが大はしゃぎ。近くの双岩保育所の三瀬優里音ちゃん(6)は「きれいなかわいいお花がいっぱい」と喜んでいた。

 21日には、住民らが米や野菜などを販売するコスモス祭りを開く。問い合わせは市商工観光課(0894・22・3111)へ。(2012年10月17日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20121016-OYT8T01447.htm
************************************************************
コスモスの種40キロだとどのくらいの費用がかかるのでしょうね。150万本もあれば見ごたえがありそうです。


愛媛県コスモス名所
コスモスの名所
愛媛県祭り一覧
全国祭り情報
posted by orute at 18:56| 愛媛県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

一足早い秋 翠波高原でコスモス祭

四国中央市の翠波(すいは)高原で19日、「コスモス祭2012」(実行委主催)が開かれ、家族連れらが風に揺れるコスモスを眺めながら、一足早い秋の景色を堪能していた。9月中旬まで楽しめる。

 同高原を観光名所にしようと、同市が1984年から栽培を始めた。今年は雨が多かったため、例年より10日ほど遅い7月下旬に開花。約3ヘクタールに約30万本植えており、ピンクや赤、白の花が6分咲きになっている。

 園内の遊歩道では、アマチュアカメラマンが盛んにシャッターを切り、親子連れらは花をバックに記念撮影をしていた。

 オカリナ演奏や特産のちくわなどを販売する屋台も並び、同市上分町の主婦三好真弓さん(58)は「自宅の庭先にあるコスモスより、色が濃くてきれい」と話していた。(2012年8月20日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20120819-OYT8T00861.htm
************************************************************
真夏なのにもうコスモス祭りですか。もう少し後のほうが良いような気もしますが・・・。


愛媛県コスモス名所
コスモスの名所
愛媛県祭り一覧
全国祭り情報
posted by orute at 20:20| 愛媛県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

香る、高原の初夏 久万高原でラベンダー見頃

久万高原町下畑野川の観光農園でラベンダーが見頃を迎え、紫色のかれんな花と爽やかな香りが訪れた人を魅了している。
 見頃となっているのは、約20アールのラベンダー園のうち早咲き品種を中心とする約5000株。22日は梅雨が一休みした青空の下、無数の小さなつぼみが風に揺れ、香りも相まってすがすがしい夏の風情を醸し出していた。
 栽培を手掛ける青木農園の青木正利さん(56)によると、10年目となる今シーズンの生育は例年より4、5日遅いペース。昨夏の高温多雨で一部の株が腐り、花の数は昨年より15%ほど少ないという。7月10日ごろまで楽しめる。
 ラベンダー園の入園料は600円(小学生以下半額)。問い合わせは同農園=電話090(8974)6832。
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120623/news20120623765.html
************************************************************
生育が例年より遅かったり、花の数が少なかったりと自然を相手にするとなかなか計画通りにはいかないようですね。私がベランダで育てている朝顔も先日の台風で半数が被害をうけてしまってがっくりです。順調に大きくなっていたのに・・・。


愛媛県ラベンダーの名所
ラベンダーの名所
posted by orute at 22:08| 愛媛県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

肱川、ひまわりで美しく 愛媛・大洲で種まき

愛媛県大洲市を流れる肱川の水辺をきれいにしようと、国土交通省大洲河川国道事務所と同市は6日、市民らの協力を得て、河川敷3300平方メートルにひまわりの種をまいた。

 植栽は「肱川を美しくするお花はん」活動として平成15年度から行われており、今年で10回目。河川敷では市民約100人がシャベルで穴を掘りながら「ハイブリッドサンフラワー」品種の種8キロ、1万4千本分をていねいに植えた。

 子供と参加した同市在住の兵頭美和さん(39)は「いつも見ているだけだったので、これから育っていくのが楽しみ。きれいな花が咲いてほしい」と、さわやかな汗を流していた。花は8月上旬ごろ開花し、お盆時期に見頃を迎えるという。

 同事務所の三宅和志管理官は「市民の手で肱川をきれいにしてもらうことで、いい肱川にしたい」と話した。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120607/ehm12060702200001-n1.htm
************************************************************
こういう活動はぜひ全国に広がってほしいですね。自分たちがすむ環境を自分たちの手で綺麗にするなんてすばらしい活動だと思います。


愛媛県ヒマワリの名所
ヒマワリ畑 ヒマワリ名所
posted by orute at 10:44| 愛媛県 花の名所 花祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。